BLOG

さみしくなります


ムッシュさんがお亡くなりになりました。


デビュー前から気にかけて下さって
『君の思うようにやりなさい』と
背中を押して下さっていました。


いつだって優しくて
お茶目で
音楽に対する隔てがなく
前へ進み続ける姿は
心強かったです。


活字にしている今も
またふいにお逢い出来るのではないかと
何処かで思えてしまうほど
実感が湧かないです。


ゆっくり休んで下さいね。

有り難うございます。
 

"DO_S"なカウントダウン 2と3

 

あれ
何故でしょう

昨日の日記を上げたつもりが

上がっていないですね

カウントダウンにならず申し訳ない。

 

本日発売です。

残りの4曲、一気に紹介致しますね。

 

 

■拳と花束

 

サウンドは少し懐かしさも感じるような

王道のロックという感じでしょうか。

 

恋愛に関してだけではありませんが

女性は、男性がいかに

格好つけられるか

格好悪くなれるか

その度合いとタイミングを見ているようにも思います。

 

自分の為に、必ず逃したくない物事に対して

どれだけ格好悪くなれるか

って結構重要じゃありません?

 

その必死さに愛おしさを感じたりもするんです。

 

多少間違っていようとも

格好つけようとしてくれる

その気持ちが嬉しかったりするのです。

 

 

■3.2.1...CUT

 

この曲もストーリー仕立てになっていて

なんとも面白い。

潤平さんが歌詞を書いて下さいました。

 

20歳男子が告白をする

直接的な手解きと、背中を押してあげる曲です。

 

曲も、作って下さった方がクラブミュージックに強い方だという事で

いつもならドラムのフィルを埋めるような場所も

敢えて粛々と刻む。

というトライをしてみました。

 

私の曲の中で一番シンプルなんじゃないかな。

ドラム初心者の方は是非。

 

 

歌詞は、拳と花束から少し繋がるようですが

演じてでも格好つけてみろよ

という事ですね。

 

色々な局面で

出来ると言ってしまったからには…

やると言ってしまったからには…

と後から実力を追いつかせるなんて事

沢山あります。

 

それがなければ

成長できなかったかもしれません。

 

傷つく事を恐れて

口を噤んでしまうと

大切なものを逃がしてしまう

 

まずは行動あるのみです。

 

 

■たったひとこと

 

この曲は初めて生のストリングスを入れて頂きました。

弦楽器の音に揺らされながら歌を歌うのは

なんとも気持ちが良かった。

 

ドラムも最後のサビから

と色々な挑戦が詰まった曲です。

 

 

ここらで、説教熱は冷め

酒に酔った勢いで自分の話しし始めるよね

きっと。

というタイミングでこの曲です。

 

ちゃんと終わらせられなかった恋というものは

何故こんなにも自分の中に燻り続けるのでしょうね。

 

それも傷つく事を恐れて

口を噤んだからでしょうか。

 

散るのなら

思いっきり散ってしまいたいものです。

 

 

■FLY HIGH!

 

ラストの曲です。

爽やかな曲に爽やかな歌詞!

この曲も潤平さんに歌詞を書いて頂きました。

 

自分で歌詞を書いていたら

"春の約束"のように天邪鬼を発動してしまったでしょう。

 

振り切った応援歌を詰め込めたのは

潤平さんに御協力頂けたからです。

 

 

色々と言ってはいても

結局は君の人生であり

君が動かなければ何も始まらない。

誰の正解も、他の人には当てはまらないのです。

 

なので私は少しでも背中を押せるように

皆さんが高く飛べるように

歌って叩くのです。

 

"DO_S"なカウントダウン

 

DO_S の発売まで後少しと成りました。

今回も、カウントダウンとして

2曲ずつお話ししていこうかと。

 

 

今回のコンセプトミニアルバムは

皆さん御存知

"Theater KAVKA「DO_S」"から端を発しております。

 

Sな、強い女性と思われがちな私。

でも、歌詞を書く時、話をする時は

断言をどうしても避けてしまう。

みんなそれぞれの答えが必ずあると思っているので、

歌詞を書く時も、どうしてもその感情を含んだ言葉を選んでしまうのですが

敢えて、皆のイメージに寄り添って

強い女性として、強い音で、強いメッセージを送ることに挑戦したのです。

 

今回はライブの時のシーンをそのまま引き継ぎ

20歳男子の背中を押す

応援ソングを詰め込みました。

 

勿論、20歳男子だけでなく

色々な方の力に成れる曲であって欲しいと思っております。

カラオケで上司さんが部下さんに応援を送る時にも良いかもしれませんね。

 

6曲通して、ストーリーごと楽しむのも良し

1曲ずつ聴くのも良し

好きに楽しんで下さいませ。

 

 

まずは

 

■タチアガレ

 

この曲は、このコンセプトミニアルバムの集大成みたいな曲ですね。

1曲目から。

 

歌詞を書いて下さった渡辺潤平さんと

ビールを片手に色々と思うところを話し合って

書き上げて頂いた歌詞です。

 

どの時代も、『最近の若い子は…』というワードは付き物でしょうし

常識が変わっていくのも当たり前のことです。

 

分かっているとは言え、言わずには居られない。

 

それは憎しみからではなく

マザー的な、テレサ的な愛からが殆どだと思います。

 

誰しも、最初は傷付く事が恐かった筈です。

幾度も乗り越えて、本当に成長する為には一体何が必要なのかを学んでいくので

そのステージまで、背中を押してあげる役目を

少し長く生きている者がすべきなのでしょうね。

 

私も未だにビビりながら

色々な方に背中を押してもらっていますが

その私でも分かる事

出来る事があるので

大きな声で

この歌を歌おうと思います。

 

 

■僕が僕であるということ

 

印象的なドラムで始まるこの曲。

 

私に説教されている男子の目線で書かれていますが

歌詞の内容は

私が昔からどうしても拭えない後ろ向きな感情を描いています。

 

でも、こんな感情があるからこそ

努力が報われない現実があると分かっているからこそ

自分を過信する事なく頑張るべきだと

自分に言い聞かせられる様に思います。

 

僕が僕であるということを

誇りに思えるまで

頑張らねばなりませんね。